新着情報

新着情報一覧

3月8日(金)北野講堂にて、平成30年度同窓会入会式が行なわれました。 今年度は幼児教育学科107名、総合文化学科55名 計162名が入会されました。  始めに、保屋野同窓会長から「人生のなかではスムーズにいかないことが常です。不安はことも沢山あると思います。そんな時、先輩方の仕事に対する姿を見て学び、よい事は真似をしていきましょう。勇気をもって何でも聞いてみましょう。何を行なうにも健康が第一です。ご自分の選んだ仕事が誇れるよう努力していってくだい。一万人の同窓生が皆さんのことを応援しています。」と入会歓迎の挨拶がありました。  次に、同窓会特別会員である小池学長からは「学んできた学校が地域からどのように評価されるかは、皆さん一人ひとりの生き様にかかっています。卒業されても母校を忘れず そして失敗を恐れず、何事にも取り組んでいってほしい。」と励ましの言葉が贈られました。  続いて同窓会より記念品(ネイルケアセット)が贈呈されました。その後同窓会役員の紹介、諸連絡等が行なわれ、入会式は滞りなく終了しました。 ≫詳しくはこちら
定期総会では保屋野会長、小池学長よりご挨拶を頂き議事として平成29年度事業報告及び決算報告。平成30年度事業計画及び予算計画。ならびに平成30年度同窓会役員が報告され、全ての議案が承認されました。 ≫詳しくはこちら
 「平成30年度同窓会新潟支部役員との交流」が「後援会新潟支部会」との合同企画により、上越市の髙陽荘にて開催されました。  豊岡秀夫後援会長 小池明学長からご挨拶を頂きました。つづいて幼児教育学科・総合文化学科の現況について、長田真紀教授および大橋敦夫総合文化学科長からお話がありました。その後、進路の状況について久保田ゆかり事務局長兼進路サポート課長より報告がありました。同窓会の活動については、保屋野文子同窓会長からお話いただきました。  続いて「現場が求める人材」というテーマで同窓会清水睦子新潟副支部長から保育の現場の状況、そこで感じていたことや学生に望むこと等、熱い思いをもって語られ、一同引き込まれて聞き入りました。  交流会終了後の懇親会では、小池学長のご挨拶と乾杯を頂いた後、後援会・同窓会の皆様それぞれが打ち解けられ、和やかな会談が続き、懇親会は盛会の内に終了しました。 ≫詳しくはこちら
同窓会恒例の「わかばの会」が11/3(土)に開催されます。 今年度は平成30年度定期総会の後、上田女子短期大学幼児教育学科学科長の町田郁弥先生をお迎えし、「うたがうまれるとき」と題してご講演いただきます。参加型の内容です。一緒に歌ってみませんか? 終了後、同窓会主催による「立食パーティー」(参加費無料)・お楽しみ抽選会を予定しております。 どうか多くの皆様にご参加いただき、交流を深め... ≫続きを読む
同窓会報『わかば』42号を掲載しました。 ≫詳しくはこちら
「うえだ七夕文学賞」は、上田西高等学校・上田女子短期大学それぞれが継続的に取り組んできた文学的な活動の融合をはかり、平成27年度共催により誕生しました。 短歌・俳句・自由詩の応募数は第1回(27年度)3,369作品、第2回(28年度)5,387作品、第3回(29年度)6,095作品が寄せられ、幼稚園児から大学生・一般市民まで、日本国内はもとより、アメリカ、オーストラリア、カンボジア、中国など... ≫続きを読む
5月30日(水)に第1回理事会および幹事会が開会され、平成30年度同窓会事業が決定しましたのでお知らせいたします。 ≫詳しくはこちら
3月9日(金)、北野講堂において平成29年度同窓会入会式が行われ、新たに116名が会員となりました。  始めに、保屋野同窓会長から「母校は前身の本州女子短期大学から通算すると半世紀に及ぶ短期大学です。私は本州女子卒業1回生として、40年間保育者として勤務し定年を迎えました。これから勤務される方には大変な年月をと思われるかもしれませんが、毎年毎年受け持つ園児が変わっていきますと、4月から新鮮な... ≫続きを読む
10月14日(土)午後、平成29年度「同窓会定期総会・わかばの会」が開催されました。定期総会では保屋野会長・小池学長よりご挨拶を頂き、議事として平成28年度事業報告および決算報告、平成29年度事業計画および事業予算報告、平成29年度同窓会役員が報告され、すべての議案が承認されました。 ≫詳しくはこちら
「平成29年度同窓会新潟支部役員との交流会」が「後援会新潟支部会」との合同企画により、上越市内のホテルにおいて開催されました。 ≫詳しくはこちら
全58件(1~10件目を表示)
ページの先頭へ戻る

制作・監修/上田女子短期大学同窓会 Copyright©2019 Ueda Women's Junior College Alumnae Association.